ゲームちゃんねる@のいえ
Top

【モンハン】だから極秘裏なのです。もっとこう…地獄はどこかにあるとかそういう

[MHW/MHX/MH4G/3G/P3]モンハンの理不尽な点を強引に解釈するスレ58

6: 名も無きハンターHR774 2018/11/19(月) 19:26:26.85 ID:R7F+y0Hs
>>1スレ立て感謝いたします。

メインターゲットやサブターゲットを達成した瞬間に、
焼かれても切り裂かれても毒喰らっても一切ダメージを受けなくなるハンターが理不尽です。
9: 名も無きハンターHR774 2018/11/19(月) 21:59:28.09 ID:SLFEzT7d
>>6
クエスト達成による達成感で痛みを全く感じなくなっているのです。
10: 名も無きハンターHR774 2018/11/20(火) 12:46:38.50 ID:x1dQwMJN
>>6
武術には残心(ざんしん)というものがあります
勝負がついたあとも気を抜かず、はりつめた心を残しておくというものなのですが
ハンターはこれの強力なものを会得しています

実際にはハンターは、クエストを達成した瞬間に、ギルドの飛行船などに戻っているのですが
強烈な残心のため、いまだフィールドにとどまっているように見えてしまうのです
これに惑わされたモンスターたちも攻撃をしかけたりしますが、実体がないのでダメージを受けないのは理不尽ではありません
15: 名も無きハンターHR774 2018/11/22(木) 00:44:09.99 ID:4lj5Q2M3
すみません先生!こんな面白いスレがあったの今気がつきました!w

さっそく無知な私に是非ご教授ください。
おそらく今まで散々出てる質問かと思いますが、ハンター達はあんなにもたくさんのアイテム、
どうやって持っているのですか?大タル爆弾とかどっから出しているのかサッパリです。
もしかしてモンハンの世界では、○次元ポケ○トってやつが普及してたりしますか?
16: 名も無きハンターHR774 2018/11/22(木) 07:10:26.63 ID:mPtBKkq7
>>15
スポンジが縮んでいるような感じの物凄く圧縮された状態でポーチに入っています。
ハンターが取り出した瞬間元の大きさまで広がります。
17: 名も無きハンターHR774 2018/11/22(木) 22:37:01.80 ID:hi/Lf8Q2
>>15
アニメやマンガでこんなシーンを見たことはありませんか?
「○○(キャラ名)は生きてるさ。俺たちの心の中に、な」と誰かが言って空を見上げると
その○○が遠景に大きく現れる――
ハンターのポーチはこれと同じ物理現象を利用しているのです。
「大タル爆弾は生きてるさ。俺たちの心の中に、な」とつぶやいて空を眺めると大タル爆弾が現れる
それだけの単純な仕組みですので理不尽ではありません
21: 名も無きハンターHR774 2018/11/23(金) 20:18:53.81 ID:pyg+Ru3o
アカムトルムのスピード、回避が遅すぎて理不尽です。
”覇竜”と呼ばれ、災厄を引き起こす恐ろしいモンスターなのに
動きはとても鈍く、G級クラスのアカムでもハンターさんの攻撃を回避せず
突撃ばかり仕掛けてきます。いくらなんでもこれでは脳筋です。

もっとこう・・・飛竜ならではの高い機動力を活かした戦いをしてほしいものです。
22: 名も無きハンターHR774 2018/11/23(金) 20:33:54.50 ID:3ei95N+C
>>21
大きく重くなり過ぎて、回避動作が鈍くなったのです
23: 名も無きハンターHR774 2018/11/23(金) 21:04:00.50 ID:e+UEGXqM
>>21
鎧竜の熱線すら正面から受け切って逆に返り討ちにするような頑丈さが仇になり、
覇竜にはそもそも「回避」という概念が存在しなかったのです。
これまでずば抜けた耐久力にあぐらをかき守りをおろそかにしていた彼らは、
ある日目の前に現れた小さな刺客との戦いによりその過ちを身をもって知ることとなります。
26: 名も無きハンターHR774 2018/11/24(土) 11:22:24.53 ID:/wsMaI/j
私、自分で言うのもなんですがかなり器用でして
ハンターではなく裏方で武器開発などを行いたいのですが、不思議なことに全くそのような求人を見かけません
バイトくらい募集を見かけても良いと思うのですけど…
職業選択の自由が無さすぎて理不尽です
27: 名も無きハンターHR774 2018/11/24(土) 12:52:21.21 ID:P+3+rCgn
>>26
モンスターハンターはハンター求人ソフトです
武器製造開発関連の求人がないのは理不尽ではありません
なお、バイトが叩いたゼノラージγとかは猛烈にハンターから嫌がられるため
技術蓄積が必要な装備製造関連業は、バイトを雇わず師弟制度になっています
34: 名も無きハンターHR774 2018/11/24(土) 22:49:01.25 ID:/wsMaI/j
>>27
師弟求人ソフトが無いのは理不尽です!
ボクも日がな一日ハンマーを振るっていたいです!
45: 名も無きハンターHR774 2018/11/28(水) 10:57:52.32 ID:/JueSt+f
あの程度の範囲で新大陸の調査に区切りとか、規模が小さすぎます
四国ほどもない面積だと思うのですが、それで大陸呼ばわりとか理不尽です
46: 名も無きハンターHR774 2018/11/28(水) 11:33:55.33 ID:KEA60EIp
>>45
もともとは古龍渡りの調査なのですから
理屈がおおむね解明された以上、範囲に関係なく調査にひと区切りついています
新大陸そのものと、これまでの調査範囲はイコールではないので理不尽ではありません
47: 名も無きハンターHR774 2018/11/28(水) 13:07:14.78 ID:/JueSt+f
>>46
なるほど
最初から我々はフロンティアではなかったということですね
61: 名も無きハンターHR774 2018/12/04(火) 15:30:40.79 ID:YMToY//Q
水中戦の廃止について、ギルドからの明確な説明はまだでしょうか
最強の外敵から逃れた凶悪なモンスターが今この瞬間も増え続けているとなるといつか一大事になる気がしてなりません。またかつてのナバル騒ぎのようなことが起こったらどうするのですか
62: 名も無きハンターHR774 2018/12/04(火) 20:45:11.45 ID:r81ZrYPz
>>61
水中戦に対応した装備は製造難易度が高く汎用性が低いせいもあり
水中でのトラブルが多い島でもない限り水中戦非対応の装備が使われています
非対応装備で潜ると普通に沈んで浮いてこないので水中戦はできません
ナバルの件を危惧していらっしゃるようですが
「ラギアのせいで島が沈むかも」からの「やっぱりラギアのせいじゃなかった」からの
「ナバルのせいで島が沈むかも」からの「ナバルが何回も出てくるけれど別に島って沈みませんよね」
という経緯から、わりと平気だとわかったので理不尽ではありません
64: 名も無きハンターHR774 2018/12/07(金) 22:12:00.75 ID:ZluQblSD
>>62
ナバルは大丈夫でも家畜を飲み込むチャナガブルや漁船を沈めるラギアの脅威はそのままなので理不尽です
特に後者の現れる孤島や渓流で任務にあたるX、XXハンターが泳げないのはかなり致命的な弱点のように思います
……今思ったんですが奴は何故本来の活動域である水中へ寄り付かなくなったのでしょうか
66: 名も無きハンターHR774 2018/12/07(金) 22:54:37.01 ID:rDHlTzOr
>>64
例の地震騒動による冤罪の余波で、海竜のうち水中を活動域としていた個体群は心無いハンターに狩りつくされました。
現在、当時地上への進出を図っていた個体群のみが難を逃れて細々と生き残っています。
69: 名も無きハンターHR774 2018/12/09(日) 06:38:43.50 ID:ZC4cNEf1
>>64
あれはラギアクルス亜種に進化しかけの変異種です
地上での生活に適応し進化した結果環境変化から鱗が白くなったのがラギアクルス亜種ですが、最近確認されているラギアクルス種も数世代後には完全に亜種化していると思われます
陸にあまり上がらない本来のラギアクルス種は地上に適応かけている変異種の大発生によって陸地から遠く離れた海に追いやられた為、ギルドの討伐対象に認定される事がほぼ無くなったのでしょう
変異種が大発生した理由?地底火山がーとか厄海がーとか噂を聞いたのですが、海から逃げなければと本能的に思う何かの存在でも感じていたのですかね、良く知りませんが
71: 名も無きハンターHR774 2018/12/10(月) 20:01:22.56 ID:dE4CRJZv
アイルー達の使う道具、鍬だとか包丁だとか投網だとかどうみても人間準拠の形なのは理不尽です
どうみてもアイルー達の手で持ちやすそうには思えません
73: 名も無きハンターHR774 2018/12/10(月) 21:15:15.37 ID:sjSj8Myc
>>71
彼らは道具を握って持っているのではありません。
毛並みに生じる強烈な静電気を利用して手に吸い付けて使用しています。
手で支える力はあくまでその補助にすぎません。
74: 名も無きハンターHR774 2018/12/11(火) 23:46:21.81 ID:YFJmrCtx
>>71
73氏のおっしゃった静電気に加え、細かなモフ毛が生むファンデルワールス力も使っているため
トータルでかなりの保持力とコントロールを発揮します
形状が人間準拠なのは、彼らが人間文化を積極的に学んで取り込もうとしているものの、
それを昇華し自らにより適した形状に独自発展させるまでには至っていないからです
76: 名も無きハンターHR774 2018/12/12(水) 09:54:36.02 ID:sxvr6fLE
新大陸もアイルーばっかで犬系が居ないのが理不尽です
77: 名も無きハンターHR774 2018/12/12(水) 12:11:10.07 ID:JE+e9PWn
>>76
新しい大陸はアイスボーン、略してアイボです
期待して待ちましょう
81: 名も無きハンターHR774 2018/12/13(木) 16:27:11.64 ID:zua6jB7x
かなりの防御力を誇る装甲モンスター・G級ウラガンキンの防具を全身にきっちり装備したのに
雑魚モンスターのジャギィの噛みつきや尻尾攻撃をくらうと
しっかりとダメージを受けてしまいます。非常に理不尽です。

ジャギィの牙が強いのか、それともガンキン装甲が弱いのか・・・
とても不可解です。
82: 名も無きハンターHR774 2018/12/13(木) 17:07:29.29 ID:Fb1XQjk+
>>81
装備そのものは強いのに弱いモンスターの攻撃を受けたという事実が心にダメージを与えその痛みが身体へ表れているだけなので理不尽ではありません
83: 名も無きハンターHR774 2018/12/13(木) 19:07:52.66 ID:1lCMr/up
>>81
その頑丈なウラガンキンもモガの森でジャギィに噛まれればちゃんとダメージを受けていますね?
ウラガンキンより明らかに貧弱なハンターがジャギィからダメージを受けるのは当然です。
84: 名も無きハンターHR774 2018/12/14(金) 12:22:42.86 ID:doV6YdQO
>>76
障気の谷のアイドル、オドガロンちゃんがいるではありませんか
85: 名も無きハンターHR774 2018/12/15(土) 08:16:57.90 ID:WYK3DAsG
食欲や攻撃性が極めて強いイビルジョーがモンハンワールドに乱入することによって
モンハンワールドの動植物が皆殺し・・・になるかと恐る恐る見てみましたが
あまりモンスターを喰わず、植物にはアウトオブ眼中です。理不尽です。

生態系の破壊者とはいったい何だったのでしょうか・・・
87: 名も無きハンターHR774 2018/12/15(土) 09:57:09.97 ID:lzg7kvrO
>>85
なんでもかんでも喰らうグルメ生活を続けた結果
草食のアプトノス辺りが一番美味しい事に気付いたのです
そのアプトノスを食うドスジャグラスは食べ物を奪い合うライバルなので
攻撃だけして追い払うのです
88: 名も無きハンターHR774 2018/12/15(土) 12:34:52.30 ID:1prB1M6h
>>85
かつては暴虐と暴食の限りを尽くしたイビルジョーですが
定期検査の結果コレステロール値がヤバいレベルに達し
お医者様からアプトノス以外は口にしないようにと食事制限を受けているのです
口寂しくなると他のモンスターやハンターを噛んで食欲をごまかしています

コレステロール値ぐらいでおとなしくなるなんて、と思われるかもしれませんが
イビルジョーもまだ家のローンが25年も残っていますし、長男が来年中学受験を控えているため
健康に気を遣っても理不尽ではありません
92: 名も無きハンターHR774 2018/12/16(日) 08:06:48.43 ID:H1BuUTcx
あるモンスターを狩りたいのですが、そのモンスターを狩るのに有効な防具を入手するには目的のモンスター素材が必要なのです

…武具屋さんあたりがきっと何か仕組んでるのです
理不尽です
93: 名も無きハンターHR774 2018/12/16(日) 09:56:58.26 ID:FyuqK3nJ
>>92
火のモンスターが火に強いor火攻撃が高いというのは実に理に適っています
94: 名も無きハンターHR774 2018/12/16(日) 13:13:10.36 ID:6MHATAyH
>>92
武具の性能にかまけて己の鍛錬を怠るハンターを生まないための工房の意向です。
武具のゴリ押しに頼らずに難敵を打ち倒し素材を持ち帰る実力を示さなければ、職人も腕を振るってはくれません。
95: 名も無きハンターHR774 2018/12/16(日) 21:07:41.78 ID:MzNaNsW5
この前食事場で牛みたいな外来種の討伐完了で一杯やってたら、風の噂にてこの前リオレウスが飛んでいった
未知の氷海らしきところを調査する「アイスボーン」とかいうプロジェクトが秘密裏に進行しているとか聞きました
まだマム・タロトの調査も、ゆくゆくは来襲すると思われる歴戦王のネルギガンテの討伐もできていないのに
もう次のプロジェクトを立ててしまっていいのでしょうか?理不尽です
96: 名も無きハンターHR774 2018/12/17(月) 08:11:05.66 ID:Gfmu09Ra
>>95
だから極秘裏なのです。
先の先を読むのは戦略の基本です。
戦法はハンターに任せて戦術は総司令に任せ
古龍渡りの謎を解明した優秀な五期団に
ギルドは次の活躍を期待しているのです
97: 名も無きハンターHR774 2018/12/17(月) 14:24:21.27 ID:ZZcUTDXc
>>95
もしも調査をしないでいることで未知のモンスターが拠点に襲ってこないとも限りません
また、新たな素材が発見されることも想定でき、それによってマム・タロトや歴戦王ネルギガンテの調査も楽になる可能性もあります
よって、アイスボーンの計画を立てるのは理不尽ではありません
100: 名も無きハンターHR774 2018/12/18(火) 09:05:15.59 ID:3U4BdHoy
朝から姉(オドガロン似)が
ケツからプリッと瘴気を撒き散らしまくるのが
理不尽です。
101: 名も無きハンターHR774 2018/12/18(火) 10:41:47.70 ID:ZYQPAhMW
>>100
負けじとバゼルになって撒き散らしましょう
102: 名も無きハンターHR774 2018/12/18(火) 12:23:50.83 ID:7m/1lmdx
>>100
オドガロンに縄張り争いで勝てるのはヴァルハザクだけです
瘴気を味方につけるのです
103: 名も無きハンターHR774 2018/12/18(火) 16:20:01.11 ID:8flhsyCe
>>100
家族の行動が鼻につきはじめたら、あなたにも独り立ちの時がやって来たということですから理不尽ではありません
今こそ共用マイハウスから、より良い個人用マイハウスを狙う時なのです
バイトや仕事で軍資金を貯め、不動産屋で適当な物件を捜し
引越祝いに来た霊感のある友人に「ごめん俺ここ無理」と青い顔でUターンされた場合でも
気配を感じても肩越しに後ろを見なければいいだけなので問題ありません
104: 名も無きハンターHR774 2018/12/20(木) 16:25:45.56 ID:IkabNw4y
ハプルボッカの防具は渋くてカッコイイデザインなのに
発動スキルがどれもこれも食事に関係するものばかりなのは理不尽です。
対飛竜を謳うのなら、それに相応しいスキル(耳栓、風圧など)になってほしいです。
105: 名も無きハンターHR774 2018/12/20(木) 17:53:54.47 ID:QM/n5Iq9
>>104
ハプル装備の「対飛竜」は「これさえあれば飛竜相手でも万全」ではなく
「飛竜に対するには最低これくらいの装備は欲しい」という、いわば飛竜入門編なのです
あくまで入門編なのでスキルに不足があるのも理不尽ではありません
107: 名も無きハンターHR774 2018/12/20(木) 20:48:54.79 ID:Jx+zpK6O
>>104
仮にも戦場に身を置く者が、食事を軽んずるとは何事ですか。
古くより「腹が減っては戦ができぬ」と言うように、戦闘と同じぐらい兵站もまた重要なのです。
それを理解せずに目先の狩りばかりを見ているようではどのみち長生きできません。
122: 名も無きハンターHR774 2018/12/25(火) 06:36:06.56 ID:zhkZ5kms
リオレウス大剣のジークムントに属性がつかないのは理不尽です。
炎剣リオレウスと差別化を図るという意味でも、この大剣は龍属性であるべきだと
思うのですが・・・
123: 名も無きハンターHR774 2018/12/25(火) 18:19:56.52 ID:+raouup4
>>122
残念ですが、こうであるべき、という理想と実現可能かどうかとの間には乖離があり
これは理不尽ではなく現実と呼びます
あるべきを語るなら、ハンターの安全性を考えて
全ての武器は簡単な素材で作れる長距離武器かつ一撃でどんなモンスターも仕留める威力があるべきですし
学校の長期休みの宿題は初期において完璧に消化するべきで
仕事は求められた以上の成果を定時内で上げるべきです

とはいえもちろんこれは現実と妥協しろという意味ではありません
ジークムントに関しても、今日も性能アップなどのため研究者や職人が日々研鑽を重ねているのですから
これを理不尽と責めるのは当たらない、ということです
125: 名も無きハンターHR774 2018/12/25(火) 19:25:56.67 ID:JDfFSGeX
>>122
おおかた「竜の大剣なんだから龍属性付けられるでしょ?」とお考えなのでしょうが、
適性がないところに無理にそれを求めるのは酷というものです。
できなかったものはできなかったのです。
「大阪人ならトークスキルとボケツッコミは完備しておけ」とか
「日本人なら全員寿司の握り方は覚えてて当然」みたいな無茶ぶりは理不尽なのでやめましょう。
134: 名も無きハンターHR774 2019/01/05(土) 11:29:17.38 ID:W7aR5Bwe
ソロでゼノやってた時、尻尾斬ってたら
全然当っていなかった箇所が切れたのが理不尽です
135: 名も無きハンターHR774 2019/01/05(土) 19:48:23.49 ID:pMeWxdhd
猛毒ガスを頻繁に放つギギネブラが自身の猛毒で死なないのは理不尽です。
フグと違ってギギネブラは体外に猛毒の毒素を吐き出しているのに
どうして平然としていられるんですか?
136: 名も無きハンターHR774 2019/01/05(土) 20:32:54.49 ID:BQaDhJLr
>>134
武器による攻撃で尻尾が切れたのではなく、
尻尾に過度の刺激を受けた冥灯龍が自発的に尻尾を切り離して身を守ろうとしたのです。
現実でも尻尾を切って囮にするトカゲや脚を犠牲にして逃げる虫の例は珍しくありませんね?
>>135
人間種でも周囲が引くレベルの毒を吐くくせに本人はどこ吹く風でケロっとしている奴はよくいるので理不尽ではありません。
あなたはそういう人にはならないでくださいね。
137: 名も無きハンターHR774 2019/01/06(日) 19:34:08.94 ID:EkS0uHPQ
耐熱装甲に優れたレウス防具をしっかりと全身に装備したのに
炎属性の攻撃をくらうとしっかりとダメージを受けてしまいます。理不尽です。

説明文にある”地獄の業火ですら焼くことはできない”とは何だったのでしょうか?
138: 名も無きハンターHR774 2019/01/06(日) 19:49:09.23 ID:Jxvv767A
>>137
”地獄の業火ですら焼くことはできない”というのはあくまで装備自体に対する説明であり
着用者へのダメージはまた別の問題です
139: 名も無きハンターHR774 2019/01/06(日) 20:06:06.31 ID:+Ru5DER/
>>137
すごい!地獄の業火でも焼けない鎧なのに炎でダメージを受けました!
モンスターの扱う炎はえげつないですね!
140: 名も無きハンターHR774 2019/01/06(日) 20:41:27.57 ID:RHw1BGiX
ということは地獄まで行って業火の中で衝撃テストのようなものをしてきたと思うのですが
地獄とはどこにあるのでしょうか?
141: 名も無きハンターHR774 2019/01/06(日) 20:50:13.02 ID:+Ru5DER/
>>140
血しぶきをあげ怪物と人間が殺し合い、倒れた屍になおも刃を突き立てて生皮を剥ぎ、
求めるものが手に入るまでにはさらに累々と死体が重なり山となり…

地獄はどこかにあるとかそういうものではなく、まさにこの世こそが地獄なのです。
142: 名も無きハンターHR774 2019/01/06(日) 21:28:02.00 ID:pZPg2CHV
>>140
《地獄の業火》は王国で人気の業務用高出力調理コンロの商品名です
我々の世界の《地獄温泉》とか《魔王ジョロキア》みたいなものですね
もちろん本物の地獄を捜す必要もなく、コンロによる商品検査はクリアしています
モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver. Best Price
モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver. Best Price
144: 名も無きハンターHR774 2019/01/09(水) 20:46:08.22 ID:s8f0WRCk
>>140
白リンの炎のことを地獄の業火ということがあります。それに耐えられたと言うだけのことです。
150: 名も無きハンターHR774 2019/01/13(日) 23:34:01.87 ID:182y7yWR
民家のすぐ側にモンスターが現れる危険な状況がそれなり報告されているのに、何故ギルドはハンターを市街地へ派遣しようとしないのでしょう?
ガロアやナルガのような大型モンスターは勿論ジャギィでさえ3m級の怪物。討伐のノウハウのないものには対処できるはずもなく
本当は揉み消されているだけで明らかになっている数以上の村人が食い殺されている気がしてなりません。
態々フィールドに出向いて狩りをするクエストばかりで弱き者の生活圏に入り込んだ害には 全く手が回っていないのは理不尽です
もっとこう、【緊急クエスト】村に入り込んだジャギィを追い出せ!みたいなクエストがあって然るべきでは?
151: 名も無きハンターHR774 2019/01/14(月) 02:00:00.54 ID:SAsqcJzf
>>150
あなたは市街地でモンスターと交戦するおつもりですか?
岩を突進で破壊し大木を尻尾でなぎ倒すような巨大な怪物を市街地で興奮させれば、
人的・物的に甚大な被害が出るのは火を見るより明らかです。
生活圏にモンスターが侵入する前に人や建築物のないフィールドで迎え討ったり、
根城とするフィールドにモンスターが戻ってきたところを狩るのは至って理にかなっています。
152: 名も無きハンターHR774 2019/01/14(月) 22:58:27.93 ID:jWgJTAS9
>>150
あなたが懸念なさっているように、市街地にモンスターが侵入した、ということがあったとしましょう。
街の偉い人がギルドにクエストを依頼して、ギルドは依頼文を作成してあちこちに貼り出し
どこかのハンターが受注してくれるのを待ち、受注したハンターを現地へ……などという悠長な対応をすると思いますか?

当然そんなことはせず、ソッコー現地で人員を集めて対処に当たります。
4冒頭のダレンに対処する時などがそれに該当します
結果がどう転ぶにしても事態が終了するまでにはさほどの時間はかかりません
そのようなクエストが貼り出されて受注待ち、などということが起こらないのは当然です
155: 名も無きハンターHR774 2019/01/19(土) 11:24:11.12 ID:ZaRCy6Bi
MHWで一番狩られたドスジャグラスが恨みで事実上の歴戦王化するのは理に適ってますが
一番狩られなかった歴戦ヴォルガノスが登場するのは理不尽です
156: 名も無きハンターHR774 2019/01/19(土) 11:32:39.28 ID:UrQh7Jxc
>>155
「男子三日会わざれば刮目して見よ」という慣用句はご存知でしょう。
確かに溶岩竜は狩られてはいませんでしたが、ハンターから無視されている間ただ安穏と過ごしていたわけではありません。
彼は龍結晶の地で狼藉の限りを尽くすハンター達を静かに観察し続け、
機が熟すその時まで人知れず牙を研いでいたのです。
157: 名も無きハンターHR774 2019/01/19(土) 11:51:29.90 ID:dtKYmvqg
>>155
誰からも相手にされなかった、日陰者の恨みというものもあるのです
また、クエスト名からも>>156が伺えますね
160: 名も無きハンターHR774 2019/01/20(日) 08:59:08.42 ID:+fF/a32A
モノブロス、ディアブロスが穴掘り中に音爆を投げると
派手にひるんでもがき苦しむ無様な姿を晒します。理不尽です。
生半可な攻撃を一切寄せ付けない彼らの重厚なツノや甲殻は飾りですか?
161: 名も無きハンターHR774 2019/01/21(月) 17:23:01.55 ID:/RotqAWK
メルノスというプテラみたいなモンスターが
ハンターさんを楽々と運ぶのは理不尽です。あの小さな体のどこにそんなパワーが・・・?
162: 名も無きハンターHR774 2019/01/21(月) 21:35:40.97 ID:msf/Ezbb
>>160
角竜の一見荒々しく見えるあの地中移動は
硬い地面の崩れやすい一点や潜り込める隙間を探る、非常に鋭敏で細やかな五感があって初めてなせるものです。
そんな繊細な作業のさなか、不意の爆音で感覚を乱されればどうなるかは見てのとおりです。
集中が途切れ掘り進める箇所を見失った結果地中での制動に支障をきたし、しばらく身動きができなくなります。
>>161
そこらのアリだって自分の体重の数十倍の重さの物体を難なく運んでいるので理不尽ではありません。
163: 名も無きハンターHR774 2019/01/22(火) 14:13:27.90 ID:7n1U8Zgl
>>155
強くなる前にハンターに狩られなかったことで長生きして龍脈石を多く食べた結果、歴戦王になる個体が出ました
リアルに考えるとこっちのほうがずっと危ない事態です
164: 名も無きハンターHR774 2019/01/22(火) 17:07:52.36 ID:mAgES+BF
人間を軽くブッ飛ばす膂力を持つモンスターが
自分よりもはるかに小さい人間たちの家畜になっていたり
パートナーになっていたりするのはちょっと理不尽です。
なぜモンスターたちは小さな人間たち(ハンターさんは例外)に服従するのですか?
165: 名も無きハンターHR774 2019/01/22(火) 17:20:53.84 ID:oZ8a4j2w
>>164
(現実世界の話をこのスレで持ち出すのはヤボかもしれないですが失礼して)
現実でも人間を軽々吹っ飛ばせる筋力を持っている牛や馬や豚やラクダや時にはゾウですらも家畜として飼い慣らされています
「筋肉さえ強ければ社会的立場が上」なんて公式が通じるのは脳筋のハンター業界だけです
166: 名も無きハンターHR774 2019/01/22(火) 23:19:03.15 ID:yiaREkmW
>>164
根本的なところで、その場合、本当にモンスターは服従しているのでしょうか?
人間はモンスターに定期的な食事や環境の良い寝床を与え
かわりにモンスターは労働力などを提供しているわけで、いわばこれは取引です
取引ですのでなんら理不尽な点はありません
あなたはこれでモンスターを服従させているつもりになっているのかもしれませんが
モンスターの方は、自分に服従した人間が食事や寝床を貢いできて便利なので時々手を貸してやっている
と思っているかもしれませんよ
167: 名も無きハンターHR774 2019/01/23(水) 14:54:30.26 ID:gauo6+HO
モンスターハンターというタイトルなのに
獣人族モンスターの素材をナイフで剥ぎ取れないのは理不尽です。

彼らの素材(毛皮、骨、ヒゲ、耳など)を武具の作成に使えばいいのに
なんだかもったいないです。
168: 名も無きハンターHR774 2019/01/23(水) 18:21:30.42 ID:V1JcSk15
>>167
獣人族はあの世界では人権があって共存しているので剥ぎ取りなんかしたら犯罪です
狩場で会った人間を襲って剥ぎ取りをしないのと同じことです
169: 名も無きハンターHR774 2019/01/23(水) 19:52:07.73 ID:3pVrbJlK
>>167
アイルーやメラルーは毛並みに落雷をも凌駕する規模の膨大な静電気を蓄積させています。
迂闊に剥ぎ取りナイフを突き立てたが最後、凄まじい電流が一気に流れハンターは爆散します。
172: 名も無きハンターHR774 2019/01/25(金) 19:34:11.58 ID:lVTukgQi
大型モンスや中型モンスには怒り状態がきちんと設定されているのに
小型モンスにはその怒り状態が皆無なのは理不尽だと思います。

小型モンスが怒る=攻撃力、スピードが増すが、体の一部の肉質が柔らかくなる
・・・というギミックがあっても良いかと私は思います。
173: 名も無きハンターHR774 2019/01/25(金) 19:56:27.23 ID:14tsrHi0
>>172
弱いやつが怒ってもハンターとしては特に何も変わらないのです
174: 名も無きハンターHR774 2019/01/25(金) 21:00:22.32 ID:WAX2pCSn
>>172
普段のんびりしている小型が、ハンターを目にしたとたん突っかかってくる
これを見て、怒ってないな、と判断なさったのがむしろ理不尽です
ただ何にしても肉質は特に変わりません
177: 名も無きハンターHR774 2019/01/28(月) 13:34:25.83 ID:lJ75JbxM
歴戦王ドスジャグラスの待遇が理不尽です
拠点のマカ錬金で装飾品を作る際には元になる装飾品と龍脈石と調査ポイントを要求されるのにドスジャグラスは生肉を食べるだけで何十個もの装飾品を吐き出してくれます
マカ錬金のおばあさんは解雇もしくは左遷して捕獲したドスジャグラスを拠点に置くべきではないでしょうか
178: 名も無きハンターHR774 2019/01/28(月) 17:43:25.55 ID:CIhCqVKS
>>177
過去に飲み込んだ珠が吐瀉物と一緒に落ちてくるだけです。
珠はあれで終わりで、討伐後に解体したり、捕
獲して生肉を飲み込ませても、もう吐かないのです。
179: 名も無きハンターHR774 2019/01/28(月) 20:29:33.41 ID:pcWDIm86
>>177
その計画はありましたがたった一匹で生態系を破壊し尽くす古龍級生物イビルジョーが恐れをなして逃亡する
いわば超古龍級生物のサンプルを欲しがる人間がギルドに大量に居たため全部持っていかれてしまいました
特にメゼポルタ周辺に発生するパリアプリアとの関連性が現在学会で取りざたされています
180: 名も無きハンターHR774 2019/01/29(火) 17:09:16.27 ID:MkZ7jgmi
角槍ディアブロスの説明文が誇大すぎて理不尽です。
「貫けぬものなどありはしない。」と謳っておきながら
モンスターの脳天に一突きで風穴を開けられず
小さなダメージしか入らないのはさすがにどうかと思います。
181: 名も無きハンターHR774 2019/01/29(火) 18:44:15.59 ID:GC6alrEH
>>180
(地道に2〜3万回も同じ所を突き続ければ)貫けぬものなどありはしない
と、( )の部分が文字数制限のせいで省略されているだけです
182: 名も無きハンターHR774 2019/01/29(火) 19:37:38.78 ID:xR8+g7Su
>>180
工房の想定に比べて使い手の腕力が足りませんでした
185: 名も無きハンターHR774 2019/01/30(水) 08:24:44.54 ID:sYYV06hs
ティガレックスの遠距離攻撃(ガレキ飛ばし)にはそれぞれ
火属性やられ、水属性やられ、氷属性やられと環境に合った属性やられがあるのに
雷属性やられが存在しないのは理不尽だと思います。
186: 名も無きハンターHR774 2019/01/30(水) 12:56:17.51 ID:xX8Hmvud
>>185
あの属性は地面の性質によるものですが、電気を帯びた地形というのは非常に希少です
また、ティガレックス自身も雷が苦手なためそのような場所には近づかないでしょう
187: 名も無きハンターHR774 2019/01/31(木) 04:40:40.87 ID:w+M9sSp5
>>185
芋飛ばし攻撃の属性の違いはグラニットポテト、モガレンコン、フラヒヤシミイモなど芋の種類によってもたらされます。
雷属性の芋が確認されていない理由として、雷が多発する土地では、
土壌の珪素分のガラス化や窒素の固定化が進み、植物がわざわざ土中に栄養繁殖器官を作るメリットが無くなっているためとされています。
そもそも植物が雷属性を持つ例がかなり少なく、ハンターにも親しまれているものとしては雷静樹やピッカエリンギ(菌類)等に限られています。
190: 名も無きハンターHR774 2019/01/31(木) 21:30:31.19 ID:M8iVERKD
ヘビィ「ボウガン」・ライト「ボウガン」を謳っておきながら実際打ち出すのは「弾」
何故こんなややこしいネーミングにしたのか分からず理不尽です
シンプルにヘビィガン・ライトガンの方が良いのでは?
191: 名も無きハンターHR774 2019/01/31(木) 22:06:46.24 ID:5EhEIYd2
>>190
靴を入れる下駄箱は最初は下駄を入れていたのでしょうし
鉛筆やボールペンを入れる筆箱も最初は筆を入れていたものと思われます

つまりライトヘビイも最初はちゃんとボウを使っていたのです。
そして進化した結果火薬を使うようになり
今ではボウを使っているのは、その名の通り弓だけになりました。
192: 名も無きハンターHR774 2019/01/31(木) 22:14:22.77 ID:w+M9sSp5
>>190
コイルスプリング技術が未発達なため、リーフスプリングと弦による弓状の装填機構を使っているものが多いのは見ての通りです。
今はまさにボウガンからガンへ移行する過渡期なのです。
193: 名も無きハンターHR774 2019/01/31(木) 22:38:35.34 ID:LFpd7Efe
>>190
ボウ(bow)には「弓」の意味以外に「お辞儀をする」という意味も存在するのはご存知ですね?
「常に死が隣にある極限の狩場にあっても礼節を失ってはならない」という武器職人たちの思いから、
MH世界において工房製の銃火器はボウガン(おじぎ銃)という名称で統一されています。
よってボウガンという名称ではありますが、これは弓の機構の有無とは関係ありません。
201: 名も無きハンターHR774 2019/02/03(日) 15:40:59.84 ID:GcXbjrSe
閃光弾、音爆弾(弾)、こやし弾〜みたいに各種投てきアイテムがボウガンの弾として導入されないのは何故でしょう
別にいらんやろと言われればそれまでではありますが実装されれば飛距離も伸びエイムも安定するので地味に重宝しそうなんですよね
ペイントと捕獲麻酔だけ特別扱いなんて理不尽です
202: 名も無きハンターHR774 2019/02/03(日) 16:58:09.03 ID:2VZpdzDs
>>201
Xの時点で既に存在しているこやし弾を忘れるなんて理不尽です。

閃光や音爆弾については、ボウガンを用いると発射時の炸薬の衝撃に耐えられず手元で破裂してしまいます。
武器や道具は用法用量を守って正しく使いましょう。
203: 名も無きハンターHR774 2019/02/03(日) 17:37:05.87 ID:FWF+ZldC
>>202がXの閃光弾を忘れているのが理不尽です。

とはいえ音爆弾や閃光玉はディアの潜行タイミング等、モンスターの動きに合わせてとっさに使う必要があるため
いちいちリロードして照準合わせて・・・といった悠長なことができるシチュエーションは限られています
なかなか普及しないのも仕方の無いことでしょう
204: 名も無きハンターHR774 2019/02/03(日) 20:01:54.98 ID:HA6Ms/2N
>>202,203
こやし弾も音爆弾効果を持つ徹甲榴弾も初代の時点であります理不尽です
220: 名も無きハンターHR774 2019/02/08(金) 14:25:35.37 ID:yPpm+uWc
ハンマー研ぐってどうすんだくらあ!
あと困ってるから退治してって泣きついてんのに料金とんなくらあ!
223: 名も無きハンターHR774 2019/02/08(金) 19:51:09.54 ID:82bNNFjk
>>220
契約料を取るのは依頼の受け逃げを防ぐためです。依頼者側も生活がかかっているのですから(例外アリ)ハンターにいい加減な仕事をされてはたまりませんからね
一部の輩の間では仲介料としてギルドの懐に入っているという噂もありますが根も葉もないウワサですので騙されぬよう

因みにクエストで力尽きる度に減る報酬はハンターを命懸けでキャンプに送り届けてくれるアイルー達に回されています
何故我々への支払いから?と思うかもしれませんがこれは命の恩人への最低限の敬意というものです
決してギルドが支払いをケチっている訳ではありません。妙な勘繰りはしないように
224: 名も無きハンターHR774 2019/02/08(金) 23:00:12.66 ID:aYNcTaWZ
>>220
頻出回答で申し訳ありませんが、ハンマーは砥石で血脂のぬめりを落として
インパクト時の滑りを防ぎ、打撃力を回復しています

事前の受注金を払う必要がなくなった場合、身の丈に合わない無理めのクエをダメモトで受けるハンターが出てくるのです
しかしそんなハンターをクエストフィールドに送るのにも費用は必要
結果、ギルドの財政が圧迫され、そのツケはちゃんと実力のあるハンターに回ってきてしまいます
そのような事態を防ぐため、ハンターランク制度や事前受注金制度が存在するのです
225: 名も無きハンターHR774 2019/02/09(土) 17:28:11.25 ID:x5laqA4c
ランスの攻撃方法のほとんどが刺突なのが理不尽です。
もっとこう・・・ランス特有の長いリーチを活かした振り回し、回転攻撃などを
技に盛り込んだほうがいいと思います。
227: 名も無きハンターHR774 2019/02/09(土) 18:34:21.33 ID:fxen95J/
>>225
太刀が華麗な攻撃アクションができるのは、体軸の安定があってこそです。
重量がある上に長いランスを同様に振り回そうとすると重心がぐらついてしまい、
まともに力の乗った攻撃を放つことができません。
228: 名も無きハンターHR774 2019/02/09(土) 20:59:34.01 ID:evYLUSdB
>>225
つまようじでステーキやヨーグルトを食べるべきだと言ってるようなものです。
用途に合った道具を使いましょう。
230: 名も無きハンターHR774 2019/02/10(日) 08:58:45.82 ID:Rkostt2L
やりました!ついにやりましたよ!
私の相棒だと詐称する、祭りのたびにおかしな格好をする頭のおかしな女が
ついにアステラを追放になりました!
今頃は古代樹の森でジャグラスのおこぼれにでもあずかっているのでしょう

それはさておき新しく配備された受付嬢は妙にでかいアイルーなのですが、
料理長の娘さんかなにかでしょうか?
231: 名も無きハンターHR774 2019/02/10(日) 15:08:15.23 ID:D240/o5N
>>230
いい加減あきらめなさい。
あなたの相棒は、トップの成績をおさめて新大陸に派遣された正真正銘のエリートです。
優秀なハンターであるあなたと組まされるのは何も理不尽なことはありません。
232: 名も無きハンターHR774 2019/02/10(日) 17:36:57.11 ID:hE70YP/H
>>230
なるほど、それはおめでどうございます
料理長の娘さんかどうかはわかりませんが
いずれにしても、これで心おきなくハンターライフを送ることができますね

……ところでこれは全く関係のない一般論ですが
世の中には、避けては通れない辛い現実というものが残念ながら存在します
もしいつかそういった苦難があなたの前に立ちふさがったとき
現実から目をそらすことなく、強い心で立ち向かってください
あくまで全然関係ない世間話ですが。
243: 名も無きハンターHR774 2019/02/11(月) 09:43:17.67 ID:BeLYDbLK
>>231
そんな優秀なエリート様がどうしてハンターでもなく護身用の武器もない状態で森をうろうろしてたり
レイア亜種の存在を知らなかったのでしょうか
理不尽すぎます
244: 名も無きハンターHR774 2019/02/11(月) 10:04:47.44 ID:p3i5sU9T
>>243
231の1行目を見てみましょう
「あきらめなさい」とあります。
「何を言っているのですか」と相手の価値観を否定するのではなく、理解した上で「あきらめなさい」
です。そうなると2行目以降の解釈もニュアンスが変わってきます。
成績だけはトップで、祖父が優秀なので血縁と成績は正真正銘のエリート
ただし実務はポンコツなので優秀なハンターに介護を頼む
と読み取ることが可能になってくるのです

231氏の真意はむろんわかりませんが、このようにアレに対する皮肉としての読み方も可能なので理不尽ではありません
249: 名も無きハンターHR774 2019/02/12(火) 00:43:58.22 ID:H+IUzPKp
雌雄同体のフルフルですが少なくない数のウ=ス異本においてフルフルを生やしたフルフルの描写が確認されます。
ハンターである著者がフルフルの誤った生態をしたためるのはフルフル引いてはモンスターへの冒涜ではないのでしょうか?
何故ギルドや王立書士隊はこれを咎めないのか…と一人のフルフル好きとしてフツフツ腹が煮える思いです。
今日もどこかでキリンハンターをフルフルするためだけにフルフルを描かれ続けるフルフルを思うと悲しくて気が散って手元のフルフルにも集中できません。
理不尽です

(フルフル倶楽部・会員)
252: 名も無きハンターHR774 2019/02/12(火) 17:20:47.32 ID:cT3VWLVV
投げナイフの切れ味があまりにも理不尽です。
頑強な甲殻を持つガンキンやグラビの肉体を豆腐のごとく貫くなんて怖すぎます。
あのナイフはオリハルコン製ですか?
253: 名も無きハンターHR774 2019/02/12(火) 18:33:16.27 ID:Y3njjkB+
>>249
フルフルの生えたフルフルを冒涜とおっしゃっていますが
描いた当人には冒涜の意図などなく、むしろ理想のフルフルはかくあるべきではないか
と考えていらっしゃるのかもしれません
あなたが理想とするフルフル像とは異なるのでしょうが、これは冒涜ではなく趣味や嗜好の違いです
他人の理想を云々するのではなく、あなたはあなたの理想を追求して
フルフルをフルフルすることに集中すればいい話ですので理不尽ではありません
254: 名も無きハンターHR774 2019/02/12(火) 19:27:16.40 ID:2Fg0hW9y
>>249
雌雄同体と単為生殖とは似て非なるものです
雌雄同体とは雄と雌の役割をある程度自由に変更できる生態の事を指します
したがって、フルフルにフルフルが生えていてもなんらおかしいわけではありません

補足するとフルフルとギギネブラは雌雄同体かつ単為生殖も可能ですが
単為生殖を行うと、自分の遺伝子に欠損があった場合には、それが子にも
受け継がれてしまいます。その為、有性生殖をすることにより互いの遺伝子の欠損を
補う必要があります。
したがって、ギギネブラにもフルフルが生えていてもなんらおかしいわけではありません

>>252
極限までに、しかし零にはならないくらい小さくしたアタリハンテイの刃になっています
その為、どんなに硬い肉体でも豆腐のごとく貫けます。
ただし、ダメージも大したことはありません
255: 名も無きハンターHR774 2019/02/12(火) 19:34:44.18 ID:kl1KYwp/
>>252
あれはナイフのような形をした、べとべとした何かです。投げられた後、実は刺さっているのではなくくっついています。
毒や麻痺毒などを練り込んだそれを投げつけてくっつけることで、獲物の体表から毒を盛るのです。
まあ「ナイフ型のべとつく何か」では語呂が悪いですし、見た目にもナイフを投げているようにしか見えませんので
「投げナイフ」と通称されています。
256: 名も無きハンターHR774 2019/02/13(水) 09:07:17.40 ID:5Up408we
カラの実の生命力が理不尽です。
極寒の冷気が渦巻く氷の大地や、毒性の高い二酸化硫黄ガスが大量に出てる
灼熱の火山にも平然と生えています。

そもそも植物って生命力が理不尽に強いものなのですか?
257: 名も無きハンターHR774 2019/02/13(水) 13:03:08.85 ID:+nsS/OEr
>>256
植物は条件さえ満たせば、切っても根が無事なら再生する、
切った枝を地面に刺すと根が生えてきて生育する、など、驚異的な生命力を持ちます

一方、○○があると枯れる、××が無いと育たない、という弱点も持っているわけですが
カラの実はその弱点となるべき部分が少ないのです
ただ、これだけさまざまな環境の場所でカラの実が見られるにもかかわらず
世界がカラの実で埋まったりしないのは、それだけ多く草食動物に捕食されているということでもあります
大繁殖も絶滅もしないのですから、理不尽どころか、絶妙なバランスで自然と調和していると言えるでしょう
260: 名も無きハンターHR774 2019/02/15(金) 11:20:24.19 ID:qz38T/+2
落下耐性スペランカー並みの人が、モンハン世界に飛ばされた途端にハンターさん並みにいくら高い所から落下しても大丈夫な強靭な肉体になるのが理不尽です
カプコン CAPCOM モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション【PS4 モンハン ワールド アイスボーン】
カプコン CAPCOM モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション【PS4 モンハン ワールド アイスボーン】
261: 名も無きハンターHR774 2019/02/15(金) 12:12:24.40 ID:RyrVOrs7
>>260
重 アタリハンテイ力学が適用されるようになりました
262: 名も無きハンターHR774 2019/02/15(金) 13:16:08.26 ID:dSeRDEXW
>>260
段差落下死亡と高所落下ノーダメージは個々の詳細に触れると長くなるのでさて置いて
異世界への転移などという超絶異常現象がおきたのならば
転移の際には肉体構造も、気づかないうちにその世界の構造に合わせて変化している可能性が高いと考えるのが妥当です
ならば落下で死ななくなっても理不尽ではありません
263: 名も無きハンターHR774 2019/02/15(金) 21:20:27.17 ID:2Ey8/ziG
モンハン世界では爆薬という危険物を調合で作成することが
ギルドで許可されているのに
塩酸、硫酸といった特殊な毒を調合で作成するのを
ギルドが許可してくれないのは理不尽です。

これらを使ってモンスターの物理防御力や属性防御力を低下させる
武器や弾薬、手投げ弾などを作成すれば
狩りの醍醐味が深まるのに・・・と私は思います。
264: 名も無きハンターHR774 2019/02/15(金) 21:46:04.78 ID:/pwMl1eX
>>263
モンスターにそれらをぶっかけても甲殻が分厚すぎたりなどの理由で有効ではないからです。
ギルドとしても狩猟対象に効かないばかりか人畜に有害な薬品の調合を推奨する理由がありません。
ハンターも当然それを理解しているので、獲物の体内で作用して内部から蝕むような毒を好んで使用しています。
265: 名も無きハンターHR774 2019/02/16(土) 09:07:52.68 ID:AdW8G5x6
>>263
だいたい>>264さんの言う通りなのですが
あのメゼポルタには特殊なライトボウガンが扱える「酸弾」というものがあります
あれはあなたのおっしゃる「モンスターの属性肉質を軟化させる弾」なのですが
モンスターに対して十分な効果が期待され、また化学的・自然的な安全性が実証されています
よって、都合が良ければ肉質を軟化させる酸の類は使用可能なのですが、
如何せんその酸弾が目下研究中のモンスターから製造されているため、メゼポルタギルド圏外の地域で使用するのは無謀だと考えられます
266: 名も無きハンターHR774 2019/02/16(土) 09:48:00.00 ID:lt8G5LX3
>>263
毒ノ王と言う武器の説明に「毒が強すぎて素材自体が変質してしまう」という一説があります
要するにモンハン世界で一般的な装備の素材は生体素材や錆びやすい金属でありそもそもそういった液体に弱いのです
そのため安全に運用するのが困難になっています
>>265の言うようにメゼポルタでは酸を使った武器が試験運用されていますがこのあたりで今ノウハウを蓄積しているところなのでしょう
ある意味マグネットスパイクなどと同レベルの新技術なのだと思われます
267: 名も無きハンターHR774 2019/02/16(土) 10:45:45.86 ID:98mzZx5P
応急耳栓がコンパクトとかうたう割に3つしか持ち込めないのが理不尽です。どこがコンパクトなんでしょうか?
268: 名も無きハンターHR774 2019/02/16(土) 10:50:12.06 ID:ScUbbydH
>>267
本来なら物々しい装備に身を包まなければ装備できない耳栓を、
ポーチに3つも入れられるようなもので代用できるのです。
十分にコンパクトだとは思いませんか?
269: 名も無きハンターHR774 2019/02/16(土) 15:36:20.82 ID:VDc6SlbM
>>267
応急耳栓をどう使っているかよく見てみましょう。
そう、口に含んでいますね?
あれは飲み込みかけた所で口と鼻を塞いで咳き込むことで耳管を通して耳へ送り込んでいるのです。
とても痛いのであまりやりたくないから回数を制限しているのです。
携行数の問題では無いのです。
270: 名も無きハンターHR774 2019/02/16(土) 17:17:04.38 ID:xn1zoCs6
”力こそ全て”という脳筋思考を地で行くハンターさんが
弾調合、薬品調合といった繊細な行動ができるのはちょっと理不尽です。
271: 名も無きハンターHR774 2019/02/16(土) 18:11:16.11 ID:6Q3cSFle
>>270
”力こそ全て”と考えていたハンターも次第に強大なモンスターと対峙するにつけ
心のどこかで”これではやっていけない”と思うようになります。
こうして弾調合、薬品調合をやらざるおえなくなってきます

まれにいつまでも純粋な心のままのハンターおり、伝説になることもありますが
たいがいは消えていきます
272: 名も無きハンターHR774 2019/02/16(土) 19:40:53.25 ID:lt8G5LX3
>>270
マジレスするとハンターは肉体と同時に知性にも精通したエリートのみがなれる職業でありあの世界における子供たちの憧れです
おそらく現実における宇宙飛行士のようなものなのでしょう
274: 名も無きハンターHR774 2019/02/16(土) 19:53:35.48 ID:03EdFOoC
>>270
たしかにハンターは「力こそ全て」と考えてはいますが
一部のエリートハンターは(調合技術や知識も「力」である)と考えており
そうでない多くのハンターは
(「力」はわかるけど「コソスベテ」って何だろう。フランス語かなぁ。まあいいや調合書通りに調合しよう)
と考えています
調合自体は脳ではなく脊髄反射で行っているので理不尽ではありません
285: 名も無きハンターHR774 2019/02/18(月) 19:23:18.83 ID:raFzw4nD
「リヴィアのゲラルト、ウィッチャーだ」

ゲラルトは名前としても
ウィッチャーって何?って聞かずに納得してる調査団が理不尽です
286: 名も無きハンターHR774 2019/02/18(月) 20:07:23.35 ID:AZISQlVZ
>>285
調査団全員が
リヴィアノ=ゲラルト=ウィッチャー
というのが彼のフルネームだと信じ込んでいるので理不尽ではありません
287: 名も無きハンターHR774 2019/02/18(月) 20:29:06.80 ID:g2cBeNh+
>>285
魔法の概念はあるようですが、witcherと知った上で魔法に驚いている描写があります
つまりよく分かってないけど、誰も訊いてないし分かってるフリをしておこうの精神です
288: 名も無きハンターHR774 2019/02/18(月) 20:36:09.20 ID:8l1KvReA
僕は10ウン年前からハンター業を営んでいる、いわばベテランハンターなのですが
そんな僕を差し置き1年ほど前にハンターを始めたばかりのぺーぺーがいきなりエリートハンターとして新大陸調査という一大プロジェクトに駆り出されているのが理不尽です
(歴代ハンターは皆ほぼ無名から少しずつ実力を積んでいったというのに…)
その上ベテランである僕がキャリアに甘えずコツコツ龍歴院からの依頼をこなし成果を積んでいても一向にお呼びがかからないなんて
ズルいです。理不尽です。
僕も新大陸に生きたいです
あとどれ程依頼をこなせば新大陸に呼ばれますか
289: 名も無きハンターHR774 2019/02/18(月) 21:11:13.21 ID:2fcMnyGR
>>288
あれは実のところは新大陸向けの鉄砲玉みたいなもんです。
エリートエリートとおだてられていい気になってるペーペーを生暖かい目で見守ってやってください。
290: 名も無きハンターHR774 2019/02/18(月) 21:16:40.57 ID:u+RpI/g2
>>288
貴方は長年成果を上げ続けたことで龍歴院から非常に信頼されています
その評価は新大陸に派遣されるハンターと比べても遜色無いものですが、優秀な人材を全て送り出してしまうと他の業務に支障があるのです
そうなると優秀かつ忠実な貴方を近くに置いておきたい龍歴院の思惑も理解できるのではないでしょうか?
ご自身の働きに誇りを持って今後も励んでください
291: 名も無きハンターHR774 2019/02/18(月) 22:43:55.89 ID:AZISQlVZ
>>288
本土からは遠く離れ、生活インフラもロクに無く、食糧事情も安定せず、最近までは海流の関係で船の航路も不安定
10年に一度ずつ送り出された諸先輩方はまともに連絡のとれない者も多く
調査の進行状況も不明でいつメドがつきそうかもわからず、
軽率な行動で仲間も危機に巻き込むわりには手柄を半分持って行こうとするお偉いさんの孫娘をパートナーにされるような土地に
ハンターを送り込むには、エリートだとおだて上げる以外の手段はあまり多くありません
エリート呼ばわりはノせるための方便なのです

嘘だと思うならギルドの偉い人の立場で想像してみてください。
自分や家族をはじめ、多くの人々が住む土地と、未開で無人に近い新大陸。
信頼できるハンターをどちらに配置しますか?
新大陸行きを却下されているのなら、それはあなたが本当にギルドから信頼され必要とされているからです

それでもどうしても行きたいとおっしゃるなら、ギルド要人のご家族あたりとひと悶着起こしてから、新大陸行きを申請してみてください
あっさり認められるはずです
304: 名も無きハンターHR774 2019/02/22(金) 12:15:44.49 ID:0ZmLrhhz
マム回ってたときに目当ての武器を引いた人が「マンモスうれピーです」と言ってました
ピーは伏せ字だと思うのですがなんと言っていたのでしょうか?
と言うかそもそもマンモス売れPってなんですか
305: 名も無きハンターHR774 2019/02/22(金) 13:59:03.71 ID:+PzhiT/t
>>304
目当ての武器が「マンモスうれピー」だっらのでしょう
モス武器の亜種と思われます
306: 名も無きハンターHR774 2019/02/22(金) 14:05:33.68 ID:18Q+V8xZ
>>304
アメリカの都市伝説に、見た者に不幸を呼ぶ蛾人間、モスマンというのがあります
マンモスは、それと順番が逆なのですから、人間に似た蛾で間違いないでしょう
人に似た蛾といえば、背中にドクロの模様を持つメンダカスズメではないかと推測できます
これは連続殺人鬼ハンニバル・レクターを描いた「羊たちの沈黙」に象徴的に出てくるものであり
踏まえると、最後の「です」はDeth、すなわち死だと判断するのが妥当でしょう
うれ(ピー)は俗語や方言もあるので特定し切れませんが、前後から判断すると悪質な加害予告と想像するのは難しくありません
官憲なりギルドナイトなりにご相談なさってはいかがでしょうか
309: 名も無きハンターHR774 2019/02/22(金) 16:51:05.78 ID:Ja5mt8yy
昨日の夜からぶっ通しでマム・タロトの調査をしたのですが
今日の朝9時を超えたあたりで急に集会所がシラフに戻ってしまいました
飾り付けもなくマム・タロトの調査やイベクエは受けられなくなっていました
それどころか周りの人々も自分にまるで祭などなかったかのように平常運転で話しかけてきます…

9時を超えた瞬間に祭がぱったり終了するのが理不尽です
祭の期間だけイベクエが全開放というのもあまりに理不尽です
310: 名も無きハンターHR774 2019/02/22(金) 16:54:08.07 ID:7G6UuMkc
>>309
大団長の方針により調査団は時間厳守なのです
311: 名も無きハンターHR774 2019/02/22(金) 17:22:58.35 ID:18Q+V8xZ
>>309
祭りというのはきっちり区切りをつけるからこそ祭りとして成立するのです
もう少し続いて欲しいと願うところで終わるからこそ祭りは輝きを増し
次の祭りが待ち遠しくなるのです
なあなあズブズブで延長していたら、それは祭りでは無くただの日常
けじめをつけるのは理不尽どころか祭りの成立に必要不可欠なことなのです
318: 名も無きハンターHR774 2019/02/28(木) 12:57:46.70 ID:msDrr7YT
大剣には横殴りという打撃技があるのに
スラッシュアックスの斧モードに斧殴りが無いのは理不尽です。
分厚い斧の側面でガツン!と殴る技があってもいい気がします。
319: 名も無きハンターHR774 2019/02/28(木) 13:12:26.69 ID:Suuy292F
>>318
大剣は振り落とした時に衝撃で砂埃等が出ますが斧を下ろしても出ません
つまり名前や見た目から想像できないほど大剣より斧はずっとずっと軽いのです
そんな軽い斧でモンスターを殴るようにぶつけても脳震盪など望めるはずもありません
せいぜいママに軽くビンタされたくらいの痛みでしょう
320: 名も無きハンターHR774 2019/02/28(木) 14:33:56.62 ID:i47+TFoC
>>318
大剣は元々重さで叩き斬る武器です
スラアクはビンによる属性エネルギーを併用する前提の武器であり またデリケートな変形機構が積んであります
もしガンガンぶつけたら大事なときに変形不能という困ったことになるでしょう
321: 名も無きハンターHR774 2019/02/28(木) 20:02:28.61 ID:J+yb939h
変形の前後で重量が変わるわけでもないのに剣モードにすると露骨に足が遅くなるスラアクが理不尽です。
重心が安定しなさそうな斧モードの時あれだけ動けるならもう少し走れてもいいじゃないですか!
322: 名も無きハンターHR774 2019/02/28(木) 20:22:49.47 ID:msDrr7YT
>>319-320
返答ありがとうございます。
スラッシュアックスの斧殴りができない謎が解けました。

連投で申し訳ないのですが、スラッシュアックスのビン(薬品)が
クエストで無限に使えるのは理不尽だと私は思います。
ボウガンには”弾切れ”という概念があるのに、スラッシュアックスには
ビン切れ(薬品切れ)が無いのはどういうことですか?
324: 名も無きハンターHR774 2019/03/01(金) 14:27:09.02 ID:gw/U8JGO
>>321
物干し竿を斧モードと剣モード両方の持ち方で持って走ってみましょう
明らかに剣モードの持ち方より斧モードの方が走りやすいはずです
剣モードでも肩に担ぐなりすればだいぶマシだとは思われますが
スラッシュアックスの機構は非常に複雑かつ繊細なので難しいでしょう

>>322
あのビンの内部は多孔質のスポンジ状で、その中に液体の薬品が想像より遥かに大量に入っています
さらに薬品はごく少量で効果が出せるので、あのビン一本で50分程度余裕なのです
329: 名も無きハンターHR774 2019/03/01(金) 21:54:51.10 ID:X4XG1jLo
>>322
民明書房によりますとスラアクは紀元前三千五百年頃印度から大陸に伝わった修羅握(すら/あく)がもとになっているようです
六道輪廻でわかるように修羅界は果てしない戦いの世界です
脱線しましたが、修羅握とはすなわち人に宿る究極の小宇宙を極めたセブンセンシズを目覚めさせる武器なのです
修羅握の機構の動力源は先の小宇宙エネルギーなので宇宙規模からすれば50分は刹那に等しいため瓶に込められた魔闘気を最大限に活用できます
ハンターとは煩多(はんた)がシルクロードを通り西洋に渡り煩雑で面倒なことから転じ、いかなる複雑な仕掛け武器をも容易く使えるよう解脱した者を意味するようになりました
330: 名も無きハンターHR774 2019/03/01(金) 22:01:01.46 ID:xM3L38tT
…ランゴスタも焼けば食べられますよね?ゴクリ
(気が付いたら食料備蓄尽きてた理不尽さにポジティブ思考)
331: 名も無きハンターHR774 2019/03/01(金) 22:17:14.79 ID:U6p+xXc1
>>330
痺れてクエスト中ずっと地に伏すことになりますがよろしいですか?
332: 名も無きハンターHR774 2019/03/01(金) 22:28:53.99 ID:7OB8+Y7w
>>322
斧で浴びた返り血を、内部で加工してビンにする機構です
複雑な機構のためビンの最大容量は非常に小さくなります
ハンターのアイテムポーチを全く圧迫しないくらいにです
チャージの動作は代わりの薬品を詰める、いわゆる刃薬のようなものですが
片手剣よりずっと重いため当然ものすごく時間がかかってます
333: 名も無きハンターHR774 2019/03/02(土) 10:54:11.38 ID:GFDmFcjY
>>330
身の細いランゴスタはマヒ毒が熱分解するまで加熱すると身のほとんどが炭化してしまい
食料としての価値は著しく低いためお薦めしません
あえて食べるなら、脚をボイルして外骨格を割り、中の筋肉を召し上がってください
ただし当然分量は見込めません
対してカンタロスは殺菌消毒程度の加熱で安全に食べられるようになり
クリーミィで濃厚な味を堪能できるので、可能であればこちらの方を召し上がってください
334: 名も無きハンターHR774 2019/03/02(土) 12:06:27.87 ID:n3Q1o4KH
>>330
他の方の通り、成体は体内に麻痺毒を有するため食用に適しません
幼虫は甘く濃厚で美味なので、そちらをお召し上がりください
踊り食いがオススメです
ただしクイーンが守っているので簡単には手に入らないでしょう
また、獣人族が好んで食しているため、彼らに頼めばもしかしたら分けてくれるかもしれません
338: 名も無きハンターHR774 2019/03/03(日) 07:30:36.06 ID:iNQEYleC
ツラヌキの実の説明文が怖くて理不尽です。
「落下する際、回転して地面深くに突き刺さる」危険なシロモノを
あの脳筋ハンターさんが丁寧かつ器用に扱う(採取、調合など)のも理不尽です。
339: 名も無きハンターHR774 2019/03/03(日) 12:12:19.60 ID:cbq6yjfh
雨の日は手元が濡れて武器が滑ったり、薬品が薄まって効果が変わったりするでしょうに、攻撃力や効果の持続などに全く影響がないのは理不尽です
340: 名も無きハンターHR774 2019/03/03(日) 12:59:30.50 ID:bnhhSoFv
>>338
地面深くに刺さってるものを取るだけなら特に支障はありません。
調合はそのための調合書です。
あの中にはツラヌキの実を落とさないための扱い方、カラの実との加工の仕方がびっちりと詰まってます
調合書を持ってこずに調合失敗したハンターの足元には無限に地面に突き刺さったツラヌキの実が転がってるのです
>>339
貴方は大タル爆弾Gが再び雨の日に使えなくなったら文句を言わない自信がありますか?
そういうことです
341: 名も無きハンターHR774 2019/03/03(日) 21:19:10.46 ID:QOHsebqf
>>339
当然ですがハンターが使用するものには、装備なら滑り止め、
道具ならある程度の雨になら影響されないような処理が施されていますから
影響が見られなくても理不尽ではありません

ではある程度以上の雨なら……と思うかもしれませんが
そこまで強い雨が降ると、基本的に、草食も草食を狙う肉食も外をうろつかなくなり
クエストフィールドまでハンターを運ぶ船や気球もまともな運行ができなくなるため
そもそもクエストが開始されません
346: 名も無きハンターHR774 2019/03/06(水) 12:25:00.33 ID:wgaBG/HY
ゴツゴツした岩山に植物が生えるのは理不尽です(渓流に行くクエストをプレイして)。
「岩はとても硬くて丈夫で我慢強い」と、某ゲームできちんと説明されてるのに
モンハン世界の植物は岩山を侵食しています。

植物の繁殖力が強いのか、岩が脆弱なのか、私にはわかりません。
347: 名も無きハンターHR774 2019/03/06(水) 12:56:50.44 ID:PkT7O2Am
>>346
遺伝子的には苔の一種なのです
348: 名も無きハンターHR774 2019/03/06(水) 13:36:55.57 ID:o4EWCDUz
>>346
火を噴いたり天候を操るような巨大なモンスターと、それをせいぜい数人で手で持てる武器で討伐してしまうハンターが闊歩する世界で
たかだか岩山に生えるだけの植物を今さら理不尽に思うあなたの感性の方が理不尽ではないでしょうか
この世界の生命全般はとてもとても強いのです
349: 名も無きハンターHR774 2019/03/06(水) 17:13:47.13 ID:iWdWIoQm
>>364
岩はもちろん強固ですし、単に材質強度だけを比べれば、植物はとうてい岩にかないません。
けれども植物は時間で成長し、岩は時間で劣化します
岩の小さなヒビに入ったタネがゆっくり成長し、長い時間をかけてヒビの中から岩に圧力をかけ続け
結果、柔軟性の低い岩を押し割ってしまうのです
時間というものが加わった時、岩の強固さがいつか植物の生命力に屈する時が来るのは必然なのです
350: 名も無きハンターHR774 2019/03/06(水) 22:18:23.96 ID:QrDvOiEe
>>346
「岩はとても硬くて丈夫で我慢強い」と言っているその世界においても
岩は植物にあっさり倒されますよね。
しかも他にも弱点だらけでそこまで丈夫でも我慢強くもありませんよね。
表面上の建前と現実とは時に残酷なまでに食い違うものです。
351: 名も無きハンターHR774 2019/03/07(木) 07:28:07.45 ID:ilHlpbQ4
リオレイアが地上にわざわざ降りて
突進やサマーソルトをするのは理不尽です。怒り状態でも同様です。

彼女はリオレウスと同じ立派な飛竜で、しかも火炎袋まできちんと内蔵されているのに
ハンターに近接攻撃ばかり仕掛けるのはどうかと思います。
巣の卵や子供たちを守るためにも、レウスみたいに空中からの火炎ブレス
空中チャージ火炎ブレス。急降下蹴りなどをして迎撃したほうが得策かと私は思います。
352: 名も無きハンターHR774 2019/03/07(木) 09:09:35.61 ID:O2C4bSNM
>>351
龍の卵は、鳥のように枝の上ではなくその重さゆえに地上の巣にて育てられます。
彼女にとってまず優先すべきは地上なのです。
353: 名も無きハンターHR774 2019/03/07(木) 09:10:48.23 ID:zDNcrB0o
>>351
リオレウス、リオレイア両方共空中戦専門の場合地上戦専門の敵が攻めてきたとき誰が卵を守るのですか?
356: 名も無きハンターHR774 2019/03/07(木) 13:15:31.62 ID:nnl4mBUC
片手剣を双剣に流用できなくて理不尽に思います。

双剣は、片手剣の刃を両手に持ったのが始まりと聞きました。
ならば、鍛冶屋さんでは右手用の刃を作るだけで済ませても良いように思います。逆に盾だけ作って双剣から持ち替えるのも便利でアリでしょうし。
その方が素材も手間暇も節約できて、今流行りのエコの波に乗れると思います。(そして半額にしてほしいです!)

どうして片手剣は双剣に流用できないのでしょうか? 皆さんの意見を聞かせてください。
357: 名も無きハンターHR774 2019/03/07(木) 13:23:10.28 ID:cpCiy7ij
>>356
鬼人化にはハンターの体力を奪って活性化する双剣特有の鬼人機構が必要になります
その分重みが発生し、片方を盾にしたところでアイテムや刃薬を持てる余裕などありません
双剣にはああみえて裏では大剣級の重量を持っているのです
358: 名も無きハンターHR774 2019/03/08(金) 04:32:39.80 ID:5lEExtMW
>>356
かつては流用出来ていた…というか双剣を作るために片手剣を作る必要があったのですが、
不要になる盾を抱き合わせて売っていると行政指導が入って全て禁止されました。
お上のやることは極端なのです。商売上がったりです。
359: 名も無きハンターHR774 2019/03/08(金) 16:59:21.92 ID:vUirN1ts
フルフルの狩猟笛は誰がどう見てもグロ笛にしか見えないのに
それで支援効果が得られるのは理不尽です。
あんなおぞましい音を聞いたらパワーアップするどころか
戦意喪失します。
360: 名も無きハンターHR774 2019/03/08(金) 17:06:34.86 ID:0PYtvNBF
古龍のストーキングをしていて思ったのですが、
彼らはうんちをしないのですね。

個人的にはもっと獣竜種みたいにブリブリしてもいいと思うのですが
やはり古龍ともなるとハンターの前で野糞は許されないんでしょうか?

好きな時に排便できないなんて、ちょっと古龍が気の毒です
世界がもっとうんちに優しい場所になればいいな、と思いました
361: 名も無きハンターHR774 2019/03/08(金) 19:01:02.19 ID:ylRV1Cj+
>>360
古龍が何かを捕食している場面を見た事がありますか?
つまりそういう事です
モンスターハンター:ワールド - PS4
モンスターハンター:ワールド - PS4
362: 名も無きハンターHR774 2019/03/08(金) 19:10:46.92 ID:hucMxa5x
>>359
見た目はあれですが、あれでなかなかいい事を言う奴なんです
みんな彼の言葉に元気づけられるのです

>>360
あなたの世界ではアイドルはうんちをしますか?
つまりはそういうことです
363: 名も無きハンターHR774 2019/03/08(金) 19:29:49.20 ID:eobN6e/w
>>360
キリンは草を食べる姿が確認されていますし、テオナナが闘技場まで来たのは大砲用の火薬を食べるためではないかと言う仮説を立てる学者もいます
古龍のうんちはその他のモンスターのうんちと全く違う成分でできており採取が難しいためこの分野の研究はあまり進んでいないのが現状です
364: 名も無きハンターHR774 2019/03/09(土) 20:31:13.76 ID:ONG7tfjq
ランスの技があまり多くないのは理不尽です。
大きな盾でモンスターを連続でガツンガツン殴打してピヨらせる技や
ランス特有の持ち味である”刺突”を徹底的に活かした
”百裂突き”といった大技がそろそろ編み出されてもいい気がします。
365: 名も無きハンターHR774 2019/03/10(日) 08:59:09.57 ID:0s1yNCp2
>>364
武術の体系というものは、
色々な型が出ても最終的には無駄が省かれて最適化されてくるものです。
ランスの運用においてもそれは然りです。

百裂突きを考案した流派もいましたが、重槍の威力の乗った突きを放つ方が良しとされた結果淘汰され、
盾による殴打の多用もまた、そのような運用法における打撃武器の優勢を覆すことができずに消えていきました。
366: 名も無きハンターHR774 2019/03/10(日) 22:14:16.11 ID:cyUsITgb
ソロレーシェンで植生研究員拘束されてますが何で生きてるんですか?
プケプケですら瀕死、エンシェントで捕まったら死にますよ
なんで彼は特別なんですか?
368: 名も無きハンターHR774 2019/03/10(日) 22:28:42.05 ID:blAtsg9R
>>366
彼の話を思い出してください
レーシェンは補食のためではなく縄張り争いのために攻撃してくると言っていましたよね?
つまり研究員が拘束されているあの位置はギリギリ縄張りの範囲から出ていたためそれ以上の攻撃を受けることは無かったのです
また研究員にはレーシェンに危害を加える様なことをしなかったためレーシェンも拘束以上の攻撃を加えることをしなかったのだと考えられます
奥のプケプケが瀕死なのは彼が抵抗をやめなかったからでしょう
369: 名も無きハンターHR774 2019/03/10(日) 22:30:26.14 ID:KVlPp3vm
>>366
ウィッチャー3ではレーシェンに印をつけられた村娘を追放さない限りレーシェンは不死身でした
印は本人が気づかなくても付けられます
毎日多くのゲラルトさんがやられているのはこの植生が印を持っているからです
彼を調査団から開放しない限りレーシェンは不滅です
370: 名も無きハンターHR774 2019/03/10(日) 22:33:52.91 ID:Pzwc4XCc
>>366
彼は長い間古代樹の森で研究をしており、古代樹の植物たちにも好かれています
そのため、植物たちに意思を伝えて成長を調整することができるのです
流石にレーシェンほどではないですが、抵抗くらいはできるのです
本人は無自覚のようですがね
371: 名も無きハンターHR774 2019/03/11(月) 16:10:26.91 ID:uf3KQDBS
>>366
じつはああみえて彼は瀕死だったんです
彼はポックリ型だったのです
格闘技ゲームと同じように一ミリでもHPがあれば変化はありません
死ぬこと以外はかすり傷の人なのです
372: 名も無きハンターHR774 2019/03/11(月) 19:32:00.59 ID:fMxJxFHW
バギィの睡眠液を浴びると、大の大人はおろか
筋肉バキバキの脳筋ハンターさんも、うとうとして終いには眠ってしまうのは理不尽です。
首領のドスバギが吐く睡眠液を浴びて眠るならまだ納得がいくのですが
配下の小さなバギィごときに翻弄されるなんてみっともないです。
373: 名も無きハンターHR774 2019/03/11(月) 20:56:50.54 ID:1cENraHK
>>372
筋肉を付ければあなたは睡眠薬を飲んでも耐えられるようになりますか?
つまりはそういうことです。
374: 名も無きハンターHR774 2019/03/11(月) 22:44:10.19 ID:Y0UkXy3F
>>372
薬が効くかどうかは、受けた方の体重に対して薬の量が十分か否かです
筋肉量をいくら増やしたところで、この法則に大きな差違は生まれません
バギィの睡眠成分そのものは並バギィだろうとドスバギィだろうと変わりませんし
並バギィの睡眠成分量はハンターより大きな草食や外敵を眠らせる量なのですから
スキルによる中和予防をしない限り、効果が現れるのは生物学/医学的必然です
375: 名も無きハンターHR774 2019/03/11(月) 23:30:19.59 ID:uf3KQDBS
>>372
人体の血流は一分ほどで循環するとかしないとか
たちまち眠りにつくというのは自己暗示です、ハンターは脳筋なので座学で習ったことは自己暗示になるほど思い込みが激しいのです
378: 名も無きハンターHR774 2019/03/12(火) 21:03:46.37 ID:JHrS/Pg2
力の爪とか力の護符ってなんですか?
爪の垢を煎じて飲めとは言いますが薬物なんですか?
辞書に護符は護身符つまりはお守りってかいてますが守らず反対に佐用していると思います
またお守りのくせに容量が落とし穴と変わりません
ホントに何なんですか?
380: 名も無きハンターHR774 2019/03/12(火) 22:13:02.50 ID:qOSGNV/x
>>378
力の爪も力の護符もいずれも(また守りの爪・守りの護符も)プラシーボ効果によるものです
それらを持つことにより、力が強くなったと勘違いしたハンターが、いつもはリミットをかけている力を上限を突破し発揮できるため、あのように強くなれるのです

お守りというのは言葉の綾で、お守りに形が似ているため、そう呼ばれる説があります
または、攻めは最大の守りという言葉もある通りに筋力が上がるそれらもお守りの一種だとする説もあります

また、お守りのくせに落とし穴と同じ容量なのは、そのくらい大きいということです
力の爪というのは恐暴竜の爪・または老山龍の巨爪ということは、それなりの大きさがあります

力の護符は、元々の由来によります
まず、力の護符が作られた目的は筋肉をトレーニングする器具と言われています
勿論その頃は力の護符ではありませんでしたし、そのための器具なので、とても重く大きいものでした
それが長い間で、ただ持っているだけで力が強くなると信じられていて、プラシーボ効果も相まって力の護符がトレーニング器具だった名残が容量が大きい原因です
さらに言えば、護符爪を2個以上持っても効果がないと信じられています
ハンターもまた2個以上持っていても効果がないと思っているため、容量の大きいものを無理に持つ必要がありません

以上のような理由で力の爪・力の護符が存在しているという説が最も有力です。
381: 名も無きハンターHR774 2019/03/12(火) 23:18:56.37 ID:TtCTSHSR
>>378
爪とか護符とか呼んでいますが、あれは、未知の生物です
普段は休眠状態にあるのですが、ハンターポーチに収納すると活動を開始し
ポーチ内部から、痛みすら感じないほど極細の神経糸をハンターの体内に刺し通して脊椎に接続し
ハンターの身体能力を上昇させるのです
同種複数による神経侵食……もとい、身体上昇は神経におかしな干渉を生む危険があるため
経験則でそのことを学んだギルドにより、所持は1つずつと定められています
392: 名も無きハンターHR774 2019/03/19(火) 16:29:21.87 ID:fYzKNSPA
ハンマーのことですが
先端を尖らせて殺傷能力を増強したウォーメイスよりも
先端が平べったいアイアンインパクトのほうが強いのは理不尽です。
393: 名も無きハンターHR774 2019/03/20(水) 14:54:28.92 ID:Tah+TaJM
ドドブランゴ亜種とかババコンガ亜種とかがいるのにブランゴ亜種やコンガ亜種を見かけないのはどうしてなんでしょうか?
394: 名も無きハンターHR774 2019/03/21(木) 10:02:23.46 ID:F1BfWFah
モンスターの攻撃をガードして受け止めるよりも
攻撃をスッとかわしたほうが合理的かつ、理にかなっているのに
ガードという意味の無いアクションが存在するのは理不尽です。

モンスターの重い攻撃をガードしたらスタミナが削られたり
体勢を崩されたり、挙句の果てには体力までも削られます。
ハンターさんはガードよりも、モンスターの攻撃を
しっかりと回避することに注力すべきだと私は思います。
396: 名も無きハンターHR774 2019/03/21(木) 20:04:39.66 ID:6vUPu6DA
>>392
素材の質の問題です
しっかりとした素材で地道に強化を続けた結果、
この2つはMHXXではなんと同等の殺傷力を得ています
モンハン世界の武器は形状など関係なく、素材イズパワーなのです
>>393
別の地域に住んでいる個体は個体数が絶対的に少なく、群れは組めません
同じ地域に住んでも色が違うだけで部下はそいつをリーダーと認めません
モンスターの知能などその程度のものです
これらの事情により一人で過酷に生き続けるのは必然となります
その結果、亜種は上位以上でしか戦えない強力な戦闘力を持つように至りました
>>394
「ふれえむかいひ」という超技術を新米ハンターに簡単に習得できると思いますか?
そんな事をしてしまえばただでさえ貴重なハンターを
モンスターの攻撃を避けきれずに失い続けてしまいます
そうなってしまえばモンスターと人間の戦いに勝ち目はありません
貴方はミラボレアスの部下ですか?
397: 名も無きハンターHR774 2019/03/21(木) 20:09:39.64 ID:qYrZbUU9
>>394
勿論ハンターたちも、モンスターの攻撃は回避することが第一だと考えています
しかしどうしても回避が間に合わない場面で直撃を防ぐためにガードの技術を身につけているのです
決して意味の無い行動ではありません
398: 名も無きハンターHR774 2019/03/23(土) 08:06:58.10 ID:07QEO3dM
モンスターを捕獲すると
アタリハンテイ力学がすべて消失します。とても理不尽です。

モンスターを無防備にしたところに、大剣のタメ斬りを叩きこんで倒そうとしても
するりとすり抜けてダメージが全く入りません。
これは一体何の魔法なのですか?
399: 名も無きハンターHR774 2019/03/23(土) 13:18:33.47 ID:pt67a14y
>>398
実は捕獲されたモンスターはそこにいます
捕獲用麻酔玉は2〜3個投げるだけで巨大なモンスターに即効性のある劇魔薬なのです
無味無臭でしばらく辺りを漂っておりハンター達の神経を侵しています
つまり、君にKiss、Kiss、Kissどこへもどこまでも〜ラリラリラーなのです
誰もが眠る瞬間を覚えていないようにハンター達の使う麻酔薬は最高にハイってやつだ状態にいざなうのです
400: 名も無きハンターHR774 2019/03/23(土) 13:22:57.98 ID:Tn1tN91u
>>398
捕獲・討伐はなるべく状態が良い物がギルドに向けて送られてくることが好まれます
よって必要以上に痛めつけないようにハンターが自重しています
しかしそんな状況でも神の手によって無理矢理動かされるため、
攻撃を絶妙な角度で傷口を通すように入れて攻撃判定が起きないようにごまかしています
4シリーズで攻撃が緩和されたのはそういった自重の流れが緩和された影響です
その時に不必要に痛めつけられる事態が多発したため、Xシリーズで再び禁じられました
401: 名も無きハンターHR774 2019/03/27(水) 13:12:17.25 ID:Ib4A/5pn
上位のドスフロギィから採れる”猛毒袋”は
致死性の猛毒液が大量に詰まってる超危険な内蔵器官なのに
それを軽々と扱える加工職人のタフネスが理不尽です。

触れるだけでも猛毒に冒されるシロモノをどうやって扱っているのか
とても気になります。
402: 名も無きハンターHR774 2019/03/27(水) 17:29:12.52 ID:9FyFls30
>>401
難しいことではありません
「触れるだけでも猛毒に冒される」なら触らなければいいのです
うっかり毒液に触れてしまうような半端物には鍛冶は務まらんのです
403: 名も無きハンターHR774 2019/03/27(水) 17:35:39.76 ID:WP5bVvlr
>>401
加工職人なら誰でも扱えるわけではなく扱える加工職人しか生き残っていない
つまりそういうことです
404: 名も無きハンターHR774 2019/03/27(水) 19:00:14.71 ID:cFGSq5cw
MHW。
どんな地の底であろうが天井があろうが
上空に救難信号を撃てば救援が現れるのが理不尽です
405: 名も無きハンターHR774 2019/03/27(水) 19:18:53.22 ID:gtlQgvKl
>>404
一向に救援が来ない場合もままあるため理不尽ではありませんっ!
(救援来るまでちょこちょこ突いていたら結局時間ギリギリで狩れてしまったので多大なる理不尽さを感じつつ剥ぎ取り中)
406: 名も無きハンターHR774 2019/03/27(水) 19:39:45.74 ID:xf8svcml
>>404
洞窟から響く信号弾の音を聞いた調査員が遭難か?と心配して代わりに信号弾を上げてくれています
425: 名も無きハンターHR774 2019/04/02(火) 17:23:20.32 ID:WfJHUJNj
敵モンスターの堅牢な堅殻を徹底的に破壊するよう
徹甲榴弾レベル3をしこたまブチ込んだのに、粉々にできません。
破壊できたのは表面の装甲だけです。理不尽です。

”徹甲”とは一体何だったのでしょうか
426: 名も無きハンターHR774 2019/04/02(火) 17:57:15.68 ID:NZmKjow7
>>425
徹甲榴弾は、現在のボウガンではモンスターの甲殻を貫徹する程の威力は出せません
しかし弾を開発したガンナーが「甲殻の表面は貫いてるし、強そうな名前の方が広く使われるだろう」という適当な考えで名付けた為、実際の機能と異なる名前になってしまいました
つまり誇大広告です
427: 名も無きハンターHR774 2019/04/02(火) 19:55:34.79 ID:nHu3UKoC
>>425
「装甲を徹してダメージを与える榴弾」の略なのです
装甲を貫通してダメージを与えられているのは確かなので問題はありません
428: 名も無きハンターHR774 2019/04/02(火) 21:03:22.86 ID:WfJHUJNj
>>426 >>427
なるほど、装甲(うんと硬い肉質)をバラバラに粉砕する弾ではなく
装甲(うんと硬い肉質)を無視して安定したダメージを与える弾なのですね。徹甲榴弾は。

徹甲榴弾は「装甲を容易に貫徹する圧倒的な破壊力を誇る弾」
と、過剰に期待した私の考え方が理不尽でしたね。
返答レス、ありがとうございます。
431: 名も無きハンターHR774 2019/04/04(木) 11:15:30.05 ID:GDTppkIp
ユクモ温泉のドリンク猫がドリンクをわずか1杯しか販売してくれないのは理不尽です。
ドリンクに秘められた様々な恩恵をハンターさんの体内に糞詰めにして
狩り場(戦場)に行ってモンスターを狩りたいのに、ケチすぎます!
432: 名も無きハンターHR774 2019/04/04(木) 12:37:09.75 ID:RmxWsJ6p
>>431
あのドリンクの力とハンターさんの力の相乗効果はあなたの想像以上にヤバいのです
激運や弱いの来いのように、世界の因果律に干渉する力すらあります
それを無制限に飲ませてしまったら、今度はアマツマガツチ襲来と比較にならない大惨事が起こりますよ
433: 名も無きハンターHR774 2019/04/04(木) 13:04:45.72 ID:EW63NN/j
>>431
あのドリンクは非常に比重が高く、2回以上飲むとおなかが
タプタプになって、納刀時でもランス抜刀時のような遅さに
なってしまい、非情に危険なためギルドによって禁止されています
434: 名も無きハンターHR774 2019/04/04(木) 23:16:36.05 ID:8zmqHksL
>>431
現実でも、「元気になりたいから」とエナジードリンクをがぶ飲みしてカフェイン中毒で死亡する事故なんかも起こっています
適正量なら良い効果をもたらす物であっても大量に摂取すると毒になるなんてことはよくある事です
439: 名も無きハンターHR774 2019/04/10(水) 13:20:14.80 ID:f9E0YZX3
闘技場にてディアブロスと相対した時のことです
ヤツめがレバーのところでも潜ったり出たりしてるんですがレバーは何ともないんですよ
理不尽です
440: 名も無きハンターHR774 2019/04/10(水) 13:31:34.00 ID:liH6C41x
>>439
元々素材自体がふにゃふにゃなので、少々のダメージでは元に戻ります。
ハンターが触れると「よし!いよいよ俺様の出番だな!」とばかり興奮してガチガチに硬くなります
441: 名も無きハンターHR774 2019/04/11(木) 00:39:11.76 ID:pblH0diB
>>439
レバーはバイセクシャルのチソコなので人間の手コキだけ反応します
レバー係官にはモンスターフェチは成れません
適性テストを超えた馬並みのものを持った者のみレバーに任ぜられます
あのグリップがなかったらモザイクが掛かります
442: 名も無きハンターHR774 2019/04/11(木) 15:59:22.40 ID:CyotrZZ7
石や木を切っても剣撃エネルギーが溜まらないのが理不尽です
443: 名も無きハンターHR774 2019/04/13(土) 19:59:44.81 ID:UnTjN2cP
…船長
どうしてさっき全部品物を買い取ったのにも関わらずまた声を掛けるのですか?
もう買う物ないじゃないですか
明らかに私に向けて声を掛けましたよね?
理不尽です
446: 名も無きハンターHR774 2019/04/15(月) 15:24:15.61 ID:KAGFF0Su
>>443
長い船旅で疲れているのです
許してあげてください

>>442
剣撃エネルギーはモンスターから吸い取ったエネルギーを変換したものなので何ら不思議なことはありません
石や木などの非動物にはエネルギーが流れていないのです
447: 名も無きハンターHR774 2019/04/15(月) 20:46:29.16 ID:er7RgZtc
荒れ地に植物が生えている地形があります。理不尽です。
やわらかく栄養が豊富な土に植物が生えているならわかりますが
石、岩だらけの荒涼とした地形から
カラの実、ハリの実といった植物が生えるのは無理がある気がします。
449: 名も無きハンターHR774 2019/04/15(月) 21:00:25.48 ID:/asu0bxS
>>447
アスファルトの隙間咲いたタンポポなんかを見たことはありませんか?
植物はあなたが思っているよりずっと強い生命力を持っています
特に理不尽ではありません

ちなみに、大きい木ならアスファルトを根で割いて成長することもありますよ
450: 名も無きハンターHR774 2019/04/15(月) 21:42:53.71 ID:vBuSlxHz
>>447
ほとんど同じ質問が>>256とか>>346で出てますので、それらへの回答もご参照ください
466: 名も無きハンターHR774 2019/04/23(火) 06:28:39.17 ID:6Cgh0P+9
ギギネブラは見た目のみならず
素材(皮、内蔵、口など)もグロイのに、なぜか竜骨(大)だけは普通に入手できます。理不尽です。
全体的に不気味なネブラのことですから
ここは”不気味な竜骨”という素材でもよかったのでは・・・?
467: 名も無きハンターHR774 2019/04/23(火) 13:18:01.10 ID:kYo6A7y2
>>466
ギギネブラの骨は特殊な性質を持たないので竜骨(大)として扱われます
469: 名も無きハンターHR774 2019/04/23(火) 18:20:57.73 ID:Pyz0thoc
>>466
ネブラの素材を「不気味な〜」「不気味な〜」とネーミングしていっている最中
ネブラがちょっと落ち込んでいたので
「……け……けど竜骨は普通っていうか、ちゃんとしてるじゃない!
嫌いじゃないわよ! こういうの!
あ! 嫌いじゃない、って、あくまで竜骨の話なんだから! カン違いしないでよね!」
という展開になりました
470: 名も無きハンターHR774 2019/04/24(水) 02:36:23.44 ID:f3F9LGBN
酸の湖に足突っこんでるのになぜ防具は溶けないんですか?
471: 名も無きハンターHR774 2019/04/24(水) 09:53:42.57 ID:3kg9iAvx
>>470
耐酸処理が施されています
472: 名も無きハンターHR774 2019/04/24(水) 12:35:42.10 ID:f3F9LGBN
>>471シュウシュウ言うし体力も減るのが解せないのであります…!
473: 名も無きハンターHR774 2019/04/24(水) 14:46:04.08 ID:3kg9iAvx
>>472
ハンターは生身なのです
474: 名も無きハンターHR774 2019/04/25(木) 16:29:13.51 ID:czL/nUdx
モンスターのキモといった珍味や
火山椒の実といった高級調味料を入手すると
クエスト後に100%確実に持って行かれて清算されるのは理不尽です。

ハンターさんは命をかけてモンスターを狩る仕事をしているのですから
ここは大目に見て没収しないでほしいです。
ハンターさんにも”食べたい高級食材”というものがたくさんあるでしょうに。
475: 名も無きハンターHR774 2019/04/25(木) 17:23:54.49 ID:ywJhBMlK
>>474
そのままでは猛毒のため、ふぐのように専門家による適切な加工が要るのです
没収の代わりに、料理長の渾身且つ超会心且つ匠の料理が貴方を待っています。
モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション PS4 PLJM-16446
モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション PS4 PLJM-16446
476: 名も無きハンターHR774 2019/04/25(木) 22:17:59.37 ID:YGWByS9c
>>474
没収される素材には、ものにもよりますが
・475氏のご指摘のように、専門家による処置が必要な場合
・見た目が類似した、毒を持つ別種があるため専門家による鑑定が必要(キノコなどが該当)
・アイテムボックスでの中〜長期保管が不可能
・ハンターが口にすると能力が弱体化する
これらのいずれか、あるいは複数に該当します
理由もなく没収しているわけではないので理不尽ではありません
引用元:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/hunter/1541939000
おすすめ